本文へ移動

事業内容

事業内容

金属焼付塗装
(金属塗装)金属焼付塗装(金属塗装)とは、金属パーツ・金属部品等に塗装をする方法です。主に鉄・アルミ・ステン・真鍮・亜鉛ダイキャスト・アルミダイキャストなどの金属を140℃~200℃で焼付乾燥します。塗料は、メラミン・アクリル等が多いです。
金属によっては100℃以内の乾燥温度でないと変形してしまう金属もあります。
金属の塗装の目的は装飾と防錆性(防食性)が重きを置かれます。
一般的に焼付乾燥をする方が硬度や耐薬品性にも優れます。

当社の技術により、他社ではなかなか行わない塗装も取り扱っております。
ハンマートン塗装
普通の塗装ではない模様の塗装が出来、目にも優しいエコロジー的な面を持っています。
シリコンが混ざっている為、ゴミなどが付きにくい特徴があります。
レザートン塗装
革が持つ独特の模様があり、非常に柔らかな雰囲気を出す事が出来ます。
高級感を出す事が出来ます。
メタリック塗装
塗料の中に金粉・銀粉が含まれている為、光を当てるとエキゾチックな雰囲気を出す事ができます。こだわりのあるお客様からの注文が多いのもメタリック塗装の特徴です。
サテン塗装
塗料の中に細かい砂・石見たいな物が入って仕上がりはザラザラの感触になります。
溶剤塗装は、一般的な塗装方法で、歴史が長く、塗料の樹脂を溶剤で溶かして使用し、
これをエアガンや静電塗装機を使って品物に塗布します。
当社では溶剤塗装の歴史は長く、豊富な経験と技術力があります。
溶剤常乾塗装
常温において塗料に硬化剤を加えることにより、化学反応を起こし乾燥硬化させる方法です。
粉体塗装
粉体塗装とは、パウダーコーティングとも呼ばれる、粉末状の塗料を用いる塗装のことです。
細かく粉砕して粉状にした塗料(粉体塗料)を、塗装対象物に直接付着させ、高温で溶かしてから、乾燥させて固めることで塗膜を形成します。
加熱して固化させることで塗膜を形成することから、焼付塗装の一種でもあります。

塗装可能物

金属素材に限定されますが、150度までの温度に耐えられる素材でしたら焼付けができます。
※下塗り(プライマー)は、各素材(スチール・アルミ・ステンレス)に応じて使用する物が異なりますのでお問合せください。

一般的な焼付け塗装で、コストが安く金属素材全般に塗装が可能です。

特徴

24時間操業により短納期にも対応

納期に関しましてはご相談下さい。
素材、下処理の状況、塗装での調色など総合的に判断し、お客様のご希望の納期までにお仕上げ出来るように努力いたします。

単品、少ロットもお任せください。大型焼付け乾燥炉による大型フレーム、大型部品も得意としています。
徹底した品質検査を心がけています。

私たちはお客様のニーズに応える塗装のスペシャリストです。

完成品例

TOPへ戻る